女性は女性の中で磨かれる ~しなやかに、美しく、たくましく活動します。~ 北海道中小企業家同友会札幌支部 女性経営者部会女性は女性の中で磨かれる ~しなやかに、美しく、たくましく活動します。~ 北海道中小企業家同友会札幌支部 女性経営者部会

活動方針・会長挨拶

札幌支部女性経営者部会2019活動方針

  1. 働き続けたい女性を活かせる環境を作る
  2. 女性経営者の経営理念や組織から学ぶ
  3. グローバルな視野を持ち、強い企業になる
  4. ネットワークを拡げ、ビジネスの可能性を創造する

会長挨拶

北海道中小企業家同友会札幌支部女性経営者部会のホームページを訪問いただきありがとうございます。
当部会は、名称の通り女性の経営者並びに管理職、事業主が学び合う団体として発足し、来年には40周年を迎えます。
当会の最大の魅力は、講師を呼んでの単発の勉強だけではなく、経営の先輩から大きな経営の壁にぶつかった時、家庭の問題、事業継承、社員教育などさまざまな経験談をアドバイスしていただけること、学びの場で出会った仲間が精神的な支えやビジネスのネットワークにつながるなど永続性のある環境を得られることであります。
経営、事業というのは華やかではなく、基本的な心構えと行動の繰り返しです。しかし、目の前にあるラクな道をつい選んでしまいたくなることもあるでしょう。その道を選んではいけない、かといって大変な道ばかりではなく、遠回りでも安全な道があることや急な坂道でも超えると平坦な道が出てくることなどが当会の学びでわかります。
当会では、事業は利己だけのためではなく、継続し、地域、社会、社員、顧客のためという大きな理念のもとにあり、さらに女性ならではの視点でよりよい社会と自社事業の発展を目指します。
力強い企業にしたい、経営や事業の学びを深めたい、相談できる仲間がほしい。そう願う方の入会をお待ちしております。

北海道中小企業家同友会札幌支部
女性経営者部会会長 廣澤克美

女性経営者部会の入会申し込みはこちら

女性経営者部会の沿革

1980.7 『婦人経営者のつどい』発足(隔月で毎回20~40人の参加)
初回の例会テーマは、“女性経営者のメリット、デメリットは何か?”
1981~1984 その後には、実践報告も開催され、株式会社秋山愛生舘/秋山喜代社長「私の生き方、考え方」、有限会社金大おおぬま/天谷玲子社長「わがシューマイづくりを語る」、旭川の有限会社三広堂/鈴木栄子社長「家庭の主婦から突然社長になって」、岐阜同友会から株式会社小山/小山櫻子社長「我が人生、我が経営を語る」など全国から講師を呼ぶ
(北海道同友会全体にて1985年には、山田洋二監督による「寅さん教育論」講演会)
1989 『りらの会』-知的で信頼できる女性の集い(Lady’s Inteligently Responsible Associationの略でLIRA)に改称。初代会長に第一ビニール工業/犬飼郁恵氏
この年に第2回婦人部全国交流会(37同友会に14の婦人部、婦人会員700名)
1999~2004 婦人部全道連絡協議会休止
2002 代表世話人に株式会社はしもとの橋本央子会長
2003.8 女性部会に名称を変更
2008 会長が橋本氏から有限会社マッシュネット/工藤洋子社長に(会員38名)
2011 株式会社補償セミナリー専務取締役(当時)中野むつみ氏が会長就任と同時に女性経営者部会に名称変更(会員39名)
2014 社会保険労務士熊谷・八重﨑社会保険労務士事務所/社会保険労務士八重﨑聖子会長(会員43名)
米国在札幌領事館にて例会を開催
2016

旭川にて女性経営者全国交流会開催

2017 コレモッタ株式会社/代表取締役廣澤克美会長(2019.3現在会員85名)
総会にて富山同友会株式会社コージン/小柴順子会長講演、7月新潟同友会有限会社京美容室/関原英里子会長講演、望年会オープン例会とし能、踊りを鑑賞
2018

外部から米国在札幌領事館にてレイチェル・ブルネット・チェン領事、総会は東京同友会より株式会社吉村/橋本久美子社長、移動例会はオープン例会としノーザンファーム/吉田勝己代表の講演、望年会はLGBTをテーマに開催

ページ最上部へ